コラム記事

2024年1月24日 コラム
この記事の監修者:株式会社WHOM 編集部

採用広報のメリットや戦略を立てるポイント・手順を徹底解説

資料ダウンロード

自社の知名度をより広げて、採用に活かしたいと思う企業も多いはずです。しかし、採用広報のメリットやポイントを理解しないまま始めると、誤った方法で失敗するかもしれません。

本記事では、採用広報の正しいステップやポイント、コツなどについて詳しく解説します。

採用広報について理解したい担当者は、ぜひ最後までご覧ください。

そもそも採用広報とは?

採用広報とは、企業の認知度を広げ、好感度アップや採用につなげる役割を担う存在です。採用広報がうまく進めば、費用を最小限に抑えて求職者の確保ができます。

他にも理解できていないメリットが複数あります。採用広報のメリットを把握しておけば、より魅力的にアピールできるでしょう。

採用広報のメリット5つ

採用広報のメリットは、下記のとおりです。

  • ミスマッチを防止できる
  • 企業としての認知度を拡大できる
  • 中長期的な財産になる
  • 応募母数が増える
  • ホワイト企業としてのアピールができる

それぞれのメリットについて見ていきましょう。

ミスマッチを防止できる

採用広報を通じて企業が自らの文化・価値観・仕事のスタイルを明確に伝えることで、求職者とのミスマッチを未然に防げます。

応募者は企業の理念や働き方が明確になることで、自身の価値観やキャリア目標と企業の環境が一致するかどうかを正確に判断できます。

ミスマッチを防止できるメリットは、効果的な採用プロセスを構築するうえで重要です。適した人材が企業に合わない文化や仕事のスタイルに適応することは難しく、結果として早期離職が発生する可能性があります。

採用広報は企業と応募者との相互理解を促進し、採用においてより適格で持続可能なマッチングを可能にします。

企業としての認知度を拡大できる

企業のブランドや価値観をアピールする採用広報は、求職者だけでなく一般の人々に会社の存在を知らせる効果があります。

企業の採用活動が積極的であることは、その会社が成長し、発展している様子を示唆し、業界内での影響力を高める一翼を担います。

また、SNSや公式Webサイト、採用イベントなどを通じて積極的に情報を発信することで、人材だけでなく業界全体に企業の存在を浸透させることが可能です。

これにより、企業は有望な人材を引き寄せやすくなり、業界内での競争優位性を確立することができるでしょう。

中長期的な財産になる

採用広報を行う際は、WebサイトやSNSが使用されます。Web上で活用されるプラットフォームは、削除しない限りデータとして残り続けます。

求職者は公開されている情報をもとに企業の良さを判断するため、得られる内容が多いほど魅力を伝えられるでしょう。

残っているデータは使いまわしができるので、工数や費用を使用せずに利用し続けられるでしょう。

応募母数が増える

魅力的な広報を通じて、企業のブランドや文化が浸透すると、興味を抱く人材が増加します。

また、広報の中で具体的な職務内容や福利厚生、キャリアパスなどを伝えることで、求めるスキル・経験に合致した人材が応募しやすくなります。これにより、企業は適格な候補者をスムーズに見つけ出しやすくなるでしょう。

ホワイト企業としてのアピールができる

企業が自らの働きやすい環境や福利厚生、社内文化をアピールすることで、求職者に対してホワイト企業としての信頼感を高められます。

具体的には、フレキシブルな働き方やリモートワークの導入・健康管理・スキル向上のサポート、福利厚生の充実などがあげられます。ホワイト企業としてのアピールは、企業のイメージ向上に繋がり、優れた人材を引き寄せる要因となるはずです。

特に求職者が働きがいを重視する傾向が強まる現代において、ホワイト企業であるとの認識は採用競争で差別化を図るうえで非常に重要です。

採用広報の戦略を立てるポイント

採用広報の戦略を立てるポイントは、下記のとおりです。

  • 目的を明確にする
  • ターゲットに適した媒体を選定する
  • 専任者を配置する

採用広報は即興で始めてしまうと失敗する可能性があります。効果的な採用広報を行うには、ポイントを理解することが重要です。

目的を明確にする

明確な目的設定は、効果的な広報活動の方向性を示します。例えば、人材の質の向上・特定のスキルセットを持つエンジニアの獲得・企業のブランドイメージ向上など、具体的かつ実現可能な目標を設定することで、戦略の焦点が定まります。

また、目的を明確にすることは、評価と改善のための基準を確立する意味もあります。戦略の実施後には、採用広報の効果を定量的・定性的に評価し、必要に応じて戦略を調整する必要があります。

ターゲットに適した媒体を選定する

採用広報では求める人材の特性や好みを考慮し、それに合致する媒体を選択します。

例えば、若年層のエンジニアを対象にする場合は、SNSやオンラインフォーラムが有効です。一方、逆にシニア層を対象とするならば、業界専門誌やセミナーの参加が考えられます。

また、選定する媒体は企業のブランドや採用メッセージに適したものであるべきです。企業の特長や価値観がより伝わりやすい場所やメディアを選ぶことで、ターゲット層との共感を高め、効果的な広報活動を実現します。

専任者を配置する

専任者の配置により、採用広報活動が専念され、戦略的な計画が立てやすくなります。

採用広報は単なる情報発信ではなく、効果的なストーリーテリングやブランディングが求められます。また、変化する市場状況に適応するためには、日々の情報収集や分析が不可欠です。

軽い仕事感覚で依頼をしてしまうと、労働過多によってうまく起動しないかもしれません。

採用広報では、経験と専門知識を備えたプロが広報を牽引することで、企業の魅力を最大限に引き出し、効果的な採用活動を展開できるでしょう。

採用広報を始めるステップ

採用広報を始めるステップは、下記のとおりです。

  1. 目的を決める
  2. 発信する内容を決定する
  3. 媒体を選定する
  4. KPIを設定する
  5. 効果検証を実施する

それぞれのステップについて見ていきましょう。

目的を決める

まずは、採用広報を行う目的を明確にします。何となくで始めてしまうと、効果検証もできず失敗したままになるかもしれません。

自社にとって効果的な採用広報を実施するためにも、目的を明確に決めましょう。

発信する内容を決定する

続いては、発信内容を決めます。自社の外部・内部情報を伝えるのか、人間関係や仕事内容を発信するのか決めることで、求職者の食いつきは変化します。

発信できる内容を選定し、求職者が求める情報を発信しましょう。

媒体を選定する

採用広報を行う場合、SNSやWebサイトといったプラットフォームが活用されます。

ターゲット層に適した媒体を選定することで、より効果的な採用活動ができるでしょう。

KPIを設定する

KPIで現状などを把握すれば、どのような部分を改善するかが明確になります。何の指標も作らないまま始めてしまうと、効果的に実施できているのか判断できません。

費用対効果を確認するためにも、KPIを設定しましょう。

効果検証を実施する

最後に、当初の目的と実際に進めた内容に違いがあるかを確認します。

もし至らない部分がある場合は、改善案を出し修正する必要があります。良い方向性で進んでいる場合は、より効率的かつ効果的に実施できるか作戦を練りましょう。

採用広報を実施するコツ

採用広報を実施するコツは、下記のとおりです。

  • 内部情報も発信する
  • 現役社員の声をインタビューする

採用広報を効果的に行うためにも、参考にしてください。

内部情報も発信する

企業の内部情報は、従業員の活動や働きやすい環境など、外部からは見えにくい企業の魅力をアピールできます。内部情報を積極的に発信することで、企業のオープンさや魅力がより具体的に伝わり、優れた人材を引き寄せられるでしょう。

内部情報の発信は、社内コミュニケーションを促進する効果もあります。従業員は自らの活動が評価され、外部に誇りを持って発信されることで、仕事に対するモチベーションが向上するでしょう。

内部情報の発信は、企業の透明性向上や魅力の具体的な伝達に貢献し、優れた人材を引き寄せるための重要な戦略です。

現役社員の声をインタビューする

現役社員のインタビューは、企業の魅力や働く環境を具体的に伝え、求職者にリアルなイメージを提供するための効果的な手法です。

求職者はインタビューによって社員が抱える課題や充実感、チームワークなどが具体的に共有されることで、企業における働きやすさ・成長の機会についてより深く理解できます。

また、社員の声を通じて企業の人間性が伝わるため、単なる職場ではなく、共感できるコミュニティへの参加を考えるようになります。その結果、採用の際にミスマッチを防ぐ一助となり、長期的な雇用の確立に貢献できるでしょう。

採用広報は中長期的な戦略に関係する

採用広報は始めの手間が懸念されますが、徐々に工数が削減されていきます。場合によっては、運用していない状態でも採用活動に成功する可能性があります。

そのためには、採用広報を実施するメリットを明確にし、計画的に行動しなくてはいけません。

自社の方針を明確に決めたうえで実施できれば、中長期的な採用戦略として活用できるでしょう。